平成時代の芥川賞作家輩出大学ランキング

日本の文豪、夏目漱石、森鴎外、中島敦、太宰治、谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫、大江健三郎など、おもだった人は東大卒(中退)ですが、彼らは皆戦前生まれです。

では、現在作家はどうなのか。

平成時代の芥川賞受賞作家の出身大学別ランキングを作成しました。

算出方法
  • 第100回~160回の芥川賞
  • 最初に入学した日本の大学をカウント
  • 大学院修了の人は学部をカウント
  • 中退もカウント
平成時代の芥川賞作家輩出大学ランキング

15人
非大学進学者

14人
早稲田

4人
慶應

2人
東京外大 筑波 琉球 法政 お茶大 明治 東大

1人
秋田 成蹊 ICU 立命館 成城 京大 千葉 長崎 東洋 京都教育 大阪芸術 福島 國學院 大谷 京都外大 東北 白百合女子 同志社 広島 大阪府大 玉川 西南学院 岩手 文教

大学としては早稲田の圧勝ですが、大学に進学していない人のほうが、早稲田より多かったですね。東大は2人だけです。

(本記事は、私がはてな匿名ダイアリーに投稿した記事の転載です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA