短歌犬
ぴったりと小銭をそろえお釣りなし今日の買い物勝ったと思う

西山保長 NISHIYAMA Yasunaga

プロフィール

文学フリマを中心に活動するインディーズ作家。副業でフリーランス校正者。
三重県のジャスコと元祖国際秘宝館が並び建つロードサイドで生まれ育つ。
東京在住。別名義に、本郷保長、矢那遊子。

​小説

ショートショートはじめました

ドグマハウスにて』(2019)
第57回文藝賞第3次予選通過作品

ギャラリーあけ星』(2018)
テーマはずばりYoutuber!
東京御茶ノ水のとあるギャラリーでは、メンヘラオフ会、アフリカ文学読書会、Youtuberをモチーフにした写真展が行われています。
主要登場人物、全員Youtuber! これが新時代の文学か!
とあるギャラリーに集う大人になりきれない者たちの物語。どうかあなたに届きますように。
(2019/5/6文学フリマ東京で頒布)

フェイク・ポップ』(2018) BCCKS Amazon
著者・編集者・デザイナーでチームを組み、2泊3日の合宿で電子書籍を作るイベント、「NovelJam2018秋」で制作した作品。ポップでフェイクなエンタテインメントです。
編集者が考えたキャッチコピーは次のとおり。
アイドル×フェイクニュース 嘘vs.嘘で、真実を作り出せ!
フェイクニュースサイトを運営しながら、シェアハウスで共同生活を送るアイドルオタクのウソ、ギーク、オマイツ。ある日、推しの地下アイドル「るべむじゃーの!」が解散するというデマニュースが、何者かによって拡散されてしまう。モラトリアムの終わりを予感しつつも、デマによって失速したアイドルの勢いを取り戻すべく「ジャスティン・ビーバーがRT!」というフェイクニュースを流すことで対抗しようとする三人だったが……何が本当に「本当」なのか、情報が氾濫する現代社会の罪と罰。誰も他人事ではいられない物語、ここに開幕!
(NovelJam 2018秋 出場作品)

世界線』(2016)
アイドル×作家志望×ガチ恋×パラレルワールド×メンタルヘルス×青春の終わり×障害者雇用×未来型私小説。ありえなかった過去と未来、あり得たかもしれないもうひとつの自分。作家になることをあきらめ、自らの青春にピリオドを打つ。もう一度、生まれ変わるために、夢を終わらせる「最後の小説」が書かれました。
(2017/11/23文学フリマ東京で頒布)

バスケット・ケース』(2013)
「労働」×「メンヘラ」
トップアイドル桜庭七子が突然のグループ卒業宣言!それにショックを受けた東大生が自殺したらしい? インターネットの海は大混乱し、やがて「僕」が働く世界も崩壊していく。「精神病者が働くこと」をテーマにぶっとばす青春メンヘラ文学、ここに登場!
(2016/5/1文学フリマ東京で頒布)

グリーン・バスケット・ケース』(2011)
統合失調症の若者たちが集まって、ネットラジオを運営しようとする。主人公の独善的な性格が原因で、サークル運営は破綻する。それでも、いろいろな人と接触し、生きる道を探していく。
(2016/5/1文学フリマ東京で頒布)

ローズレッドの町に生まれた』(2010)
東京の街、ジャスコのある町。街を歩く少女、町について調べる少女。街に生きる少女は、町にとどまる青年とスカイプする。いったい太陽は何色なのですか?
ロードサイドの歴史がひもとかれる、一族の150年にわたる物語。
(文學界新人賞2次通過)

母よりも、美しく』(2008)
渋谷の女子高に通う鈴代華子は、ある日、書店で哲学好きな男子高校生と出会う。美術部に所属する華子は展覧会に向けて絵を描いてゆくだが……。ボーイ・ミーツ・ガールなストーリー。
(すばる文学賞1次通過)

評論

渇望する魂――小林美代子について』(2015) PDF
(2015/10/25公開)

詩から神々は生まれた――本居宣長』(2009) PDF
(群像新人文学賞評論部門2次通過)